症例

症例5 四日市 足のつけ根からつま先まで痛い

患者  女性 40代 四日市市在住

来院   2018年 8月

症状
2か月くらい前から左足の付け根が痛くなってきた。一時期は自然と良くなったが、また、最近痛みがでてきた。

痛みは足のつけ根の内側から太ももの前面と、足の裏側は太ももから指先まで、痛くて痺れるとのこと。

普段の仕事では接客業のため、立ちっぱなしの状態。

左足のふくらはぎを毎朝のようにつってしまい、目が覚める。また、疲れがひどくなると腰痛も発症する。

施術内容と経過
<1診目>
最初に足の痛みが腰から来ていると考え腰を触診をしていくと、腰に固い部分がみつかった。

そこに関係している臀部を押してみると、圧痛があったのでそこのツボに鍼をした。 また、腰に関係する太ももや膝、足首のツボに鍼をした。

股関節の検査をしてみると、内旋の制限があったため足のすねのツボに鍼をした。 施術後には、太ももの裏側と外側に痛みが少し残ったが、動きはよくなったところで初回は終了した。

<2診目>(6日後) 
前回の施術の後から足の痛み痺れは、無くなったとのこと。

早朝のふくらはぎがつるのは無くなったが、歩いているときにつるようになったとのこと。 今は両足のふくらはぎが、辛いとのこと。

足首の動きが上手にとれていないと考え、足のすねやふくらはぎ、足の甲のツボに鍼をした。

施術後には、足全体が軽くなり楽になったとのことで、治療を終了とした。

使用した主なツボ
<1診目>外秩辺L 殷門L 足太陽L 豊隆L 光明L 玉竧L 

<2診目>足三里LR 地機LR 三陰交L 大腰LR 承山LR 空髎LR

まとめ
非常に長い時間立って仕事をしているため、体重を支えている腰や股関節・足に影響が出たと思われる。

患者さん自身は足のつけ根周辺を痛がっていたが、原因は臀部と足首の動きの悪さにあったようだ。

痛い場所に問題があるかどうかを正確に見極めて施術できた例である。

結果には個人差があります。効果効能を保証するものではありません。

-症例

© 2020 あすなろ鍼灸院 Powered by AFFINGER5