10月のお休み  定休日:(日)   臨時休診日:17日(土)・24日(土) ただし25日(日)は営業します!

適応症状 頭痛

四日市で頭痛でお悩みの方への鍼灸治療

2018年8月9日

頭痛にはこわい頭痛とこわくない頭痛があります。

こわくない頭痛(一次性頭痛)━━ いわゆる一般的な頭痛持ちの頭痛です。
こわい頭痛(二次性頭痛)━━━━ 脳の病気によって起こる頭痛です。

一次性の頭痛は大きく分けて3種類
片頭痛・緊張型頭痛・群発性頭痛

二次性頭痛とは原因のある頭痛
くも膜下出血/脳腫瘍/髄膜炎/外傷/自己免疫疾患など

特徴
いつもと痛み方が違う。日に日に頻度と程度が増えていく。経験したことのないような突然の激しい痛み意識が遠のき、手足がしびれる。

このような症状が出た方は、まず最寄りの病院に行き医師の診断を受けましょう

 

病院で頭痛の検査をするということは、二次性頭痛を疑った検査をしています。

二次性頭痛の原因の検査をしてもみつからない頭痛は、一次性頭痛に分類されます。

つまり一次性頭痛は原因がはっきりとわからない頭痛なのです。

鍼灸院では、この一次性頭痛を対象に施術を行います。

私の頭痛は、鍼灸治療で良くなるの?

今まで書いてきた頭痛のなかで、鍼灸治療に対応可能なのが、原因不明とされる一次性頭痛です。

三つの一次性頭痛には実は共通点があります。どの頭痛にも共通するものとして、首や肩のコリがあります。

とくに頭痛で一番多い緊張型頭痛には、患者さん本人も自覚するほど首・肩コリをお持ちの方が多いのです。

首や肩コリを取り除いてあげれば、神経や血管を圧迫している筋肉が緩みます。

そうすると、おのずと頭痛も改善されていく可能性は高くなります。

しかし、片頭痛や群発性頭痛のひとで、本人は首や肩コリはないとおっしゃる方もいます。上に書いた原因と思われるなかにも、首や肩コリは入っていませんでした。

でも、臨床で実際に触診していくなかで、本人も自覚しない独特なコリが存在していることが多くあります。

そのコリの大きさは一般的な肩こりでみられるような広範囲ではなく、小さなコリであるため自覚しにくいのです。

このコリを解消することにより、片頭痛や群発性頭痛も改善へと向かわせることができます。

どうやって鍼灸治療で頭痛を治すの?

では、どうやって首や肩コリを治すのか?

こっている場所に刺すだけで、症状がやわらぐ場合もありますが、また痛みが戻ってくるケースが多いです。

これは、頭痛を作り出しているコリの原因がその場所にないからです。

人間の体の筋肉や骨は、運動をするときバラバラに動いているのではなく、体全体でお互い協力して動いています。

首や肩にコリができたのは、動きのどこかでバランスがくずれて、動きに異常がでたために結果的にでたと考えます。

当院では、患者さんから詳しくお話うかがい、動きの検査や触診からコリの原因を探していき、適切なツボに鍼や灸をします。

ツボによりバランスを調整し、動ける身体にしていきます。

動きを整える結果として、コリを解消させ頭痛を改善させていきます。

長い間悩まされている方。もう頭痛は治らないとあきらめてしまっている方。

頭痛薬を飲むのがもう嫌な方。
当院に一度ご相談してみてください。

頭痛薬を持ち歩かない生活。
頭痛を気にすることなく家事や仕事に取り組める生活。
趣味や旅行を思いっきり楽しめる生活。

元気な日常生活を取り戻すお手伝いを、全力でサポートさせていただきます。

-適応症状, 頭痛

© 2020 あすなろ鍼灸院 Powered by AFFINGER5